独断と偏見によるライブの鑑賞日記を皆様へ・・・
プロ、アマを問わずに色んなライブの模様を紹介 しますが、
音楽評論家ではないので、好き嫌いに終始するかもね。   

 

11月2日(木)
「シバ」Live at 芦別ディラン
11月の声を聞き、にわかに冬支度を始めた北の大地は、午后五時ともなるとくらくなって
しまう・・・。私の良いようにとらせてもらえば、これから起こるであろうエキサイティン
グな夜の気が早い勇み足の様ともとれた。
2年前にそれも芦別で行われた「ミュージック・ハ−ベスト」に行った時の事を思い出す。
直前に、今は無き”西岡恭蔵”さんのライブをサブリナの小さなステージで感動と共に
味わって何日も経っていなかったのに、贅沢にもそこで「シバ」に出会った。
それこそサブリナとジャンキーに出会う前は、ミーハー一色だった私だが、彼を始めて見て
私は素直に「カッコイイ・・・」と思った。年期の入った黒褐色のギターの5フレットあた
りにカポをはめてマイクに向かって唄う彼を見て、憧れを抱かざるを得なかった。
それから、何度チャンスを逃したかわからないが、やっと又会える日がやってきたのさ。

ちょっと遅れてディランに到着すると既にステージは始まっていた。奥さんの話では
まだ4曲目位だったのでまだ救われた。やっぱりシバだ!やっと会えた!
一杯目のビールをあおりながら、何故だか笑いが止まらない・・・。だってシバなんだもん
肩にブルースハープをかけて手には黒褐色の年期が入ったギターが激しく弾かれる。
女の唄・国道20号線・港町・そしてロックグラス・・・。
言葉の泉は止まる事を知らないようだ。次々に私達へ唄を通して語りかけて来る。
返す言葉を探すうちに「バイバイブルース」が始まった。私はこの唄が一番好きだ。
シバは元来フォークシンガーと言われてきて本人もそこにこだわって(?)いたが、シバが
唄う「バイバイブルース」はとにかくカッコイイのだ。それが聴けただけでもライブの
チャージは安いもんだと私は思える・・・。途中、ライブには興味のない常連さんが入って
きたが場を白けさせた事は否めないが、それもライブハウスであると共に日常の営業も
前提として店が有る訳で改めて考えるとサブリナにしてもそうだったが何事にも言えるが
続けることは大変な努力と協力が必要になる。自分だけで物事すべてこなしていると思って
も実は目に見えない陰に隠れた協力が有る事を忘れてはいけない・・・。
ライブハウスには素敵なステージを展開する”イカシタ ミュージシャン”とが支えあって
始めて店が盛り上がる。アマチュアのイベントも別な意味で有意義な物だが、私の個人的
な観点から一言申すなら・・・これからも唄で酔わせてくれるライブを見ていきたい。
最後に、芦別のディランの紹介を載せますのでそちらも合わせて御覧下さい。

 ライブの満足度 ★★★★★   お酒が旨い度  ★★★★★   (ばばっち)

9月3日(日)
第15回 
MELON JAM 2000
前日のDr.ビートのライブに続き日曜日は月形町の恒例イベントである「メロンジャム」
にいってきました。スタートは2時からでしたが、サラリーマンの筆者は休みでは無いので
仕事が一段落した午后6時に会場へ到着しました。会場は客の入りもよく、なかなかの盛況
でしたが、前日の豪雨の影響で地面はいたるところでぬかるんでいたようです。
メインは「シーナ&ザ・ロケッツ」で、その前にアマチュアのバンドがステージを熱く
展開していた。どれも完成度が高く、およそアマチュアとは思えない程のプレーで、お客
さんもノリノリだったようです。そうこうするうちにあたりは暗くなりエキサイティング
な夜の訪れを告げているかのようだった・・・。
(プロみたいな)アマチュアバンドのステージが終わり、実行委員長の寺地さんがステージ
に上がりシナロケのセッティングをしている間、話しをしてくれました。
連日の準備作業に加えて天候やミュージシャンの心配をし過ぎて身体が”ヤラレタ”ようで
改めてイベントの運営は大変なんだと痛感しました。しかしスタッフの皆さんもそれぞれ
自分の仕事をこなして和気あいあいの様子でした。やっぱり自分も楽しまなくっちゃね。
その後3万円分(笑)の花火が上がり、感動しているとシナロケのオープニングを告げる
例のロケットのカウントダウンが始まった。待ってました!鮎川誠の登場に鳥肌がたった
のを今でも覚えています。やっぱりカッコウイイっすね!いつまでも今のままでいて欲しい
です。ロックンローラーはこうでなきゃ!シーナもセクシーなスパンコールのドレスに
身を包み狂ったように歌いまくってくれました。ロックはやっぱりカッコイイね・・・。
最近は大人の音楽を聴く事が多かったので、最初は戸惑ったけど、最後は身体でリズムを
とっていましたね。 ・・・と、まあこんな感じの鑑賞作業日誌でしたが、こんな程度で
良いのかしら?この次はもうちょっとためになるようなお話が出来るように筆者は修行
しようと思います。(御勘弁を・・・)
最後に、実行委員長(北着常のマスター)寺地さん、そしてスタッフの皆さん、並びに
参加した全てのミュージシャンの皆さん、素敵なコンサートをありがとうございました。
また、来年も続くと思いますが、心から楽しみにしています。   (ばばっち)

 ライブの満足度 ★ ★ ★ ★     お酒が美味しい度 ★ ★ ★

9月2日(土)
Dr.ビート さよならライブ in ユニバース
北見市に住むお医者さんの「Dr.ビート」がこの度長野県の無医村に過疎地医療の
充実を担うために移動する事に伴ってお別れのライブが行われました。
折からの雨にも関わらずはやくからお客さんは集まって今や遅しと登場を待っていた
ところ、全然変わらぬあの人が登場した。ダイナマイトボディーをカリブの民族衣装に
包み、最初ッから飛ばしてきた。そうじゃなきゃ「Dr.ビート」じゃないね・・・。
季節限定のビールを片手に、ロック、ブルース、バラード等を熱唱した。
バックも気心が知れた関係で、バランスもよく個人技も所々に垣間見えて楽しめました。
やっぱり音楽は楽しまなきゃ!と言う事を改めて教えてもらったステージに満足していた
のもつかの間・・・。その日はなんとダブルヘッダーになっていて、九州からもゲストが
いらっしゃってました。その「中村さん」は小さい身体からは想像できない強烈なパワー
でブルースを唄い倒す!ってかんじかな。フェンダーのテレキャスターを指で弾き
終盤には1弦を切っていた。・・・その位激しいのだ。
年令の事を言っては失礼にあたるかも知れないが、50歳を越えているだろう「中村さん」
みたいな50歳に僕もなりたいとつくづく思いました。        (ばばっち)

 ライブの満足度 ★ ★ ★ ★     お酒が美味しい度 ★ ★ ★ ★

 

ライブハウス
  index

ライブ情報

掲示板

登録フォーム

チャット

写真集

リンク

自己紹介
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー